株式会社ISOWA 2018年度採用サイト

トップページ > ISOWAビト > 内定者インタビュー

内定者インタビュー会社を選ぶ基準

設問3会社を選ぶ上で何か基準(軸)はありましたか?それは就職活動中に変化しましたか?

名城大学 経営学科Y.K
会社を選ぶ上での基準としては「潰れない安定した会社」というものがありました。インフラ業界、公務員など倒産することが想定し辛い業界を考えていました。この基準は就職活動中に変化することはありませんでした。自分の考えの中には「安定できる場があってこそ挑戦できる機会は増える」というものがあったので、この基準においては一貫して就職活動に励むことができました。
中京大学 国際英語学科M.K
福利厚生やお休みの日数などたくさんありましたが、その中で最も大切にしていた軸は、“一緒に働きたいと思える人たちがいるか”ということでした。学生時代の様々なチームワーク作業、アルバイトなどを経験して一緒に働く“人”の大切さを知ったので、就職活動を通しても、“人”という軸は大切にしていました。また、就活で様々な会社の社員の方々に話を聞く機会があるのですが、多くの人が一緒に働く人の大切さについて教えてくださりました。この結果、“一緒に働きたいと思える人たちがいるか”という軸は、より一層大事な軸になっていきました。
三重大学 法律経済学科Y.T
就職活動を始めたころは、軸を全く持っていなく、給料や福利厚生のような企業のホームページや就活本に載っているようなものだけを基準にしていました。しかし、学内説明会のISOWAのブースで、磯輪社長の「会社選びの軸」、「自分にとっての働きやすさ」のお話を伺って以降、社風のようなネットや本の情報からでは得られない要素にも目を向けるようになり、一緒に働きたいと思える雰囲気があるかを重視するようになりました。
愛知工業大学 機械学科K.N
結論を先に言うと、軸はありました。そして変化もしていきました。
と言っても、初めから明確な軸があったわけではなく、自分の軸を定めることに苦労しました。だからこそ、可能な限り多くの説明会に参加して、そこで感じたことや気が付いた点を振り返り整理しました。そうすることで、自分にとってこの条件は大事かそうではないかの判断ができるようになっていきました。これを繰り返すことで最終的には、ここだけは譲れない条件=ぶれない軸 が定まりました。軸を決めてからは、会社選びの際に迷いが生じにくく、なぜ興味を持っているのかも明確になり、考えやすくなりました。
中京大学 国際英語学科N.H
「健康的に末永く働ける会社」というのが基準でした。就職活動中にもこの基準が変化することはなく、ISOWAなら大丈夫だ、と確信をもって決めました。
ページの先頭に戻る