株式会社ISOWA 2018年度採用サイト

社長の想い「ワクワク」の好循環

私は冒頭に書いたように、「自分と自分の愛する家族の幸せ」のために働いています。「幸せになるため」に働いています。だからワクワクしながら働きたい。
自分がワクワクする源泉は何かと考えると、これはやはり世の中が、そしてお客様がワクワクしてくれることです。世の中をワクワクさせるのは、他ならない社員です。そしてその社員をワクワクさせるのは社長の役目だと思っています。

人の思いは、100%相手に伝えることはなかなか難しいものです。だから社長は社員の何倍もワクワクして働いていないと、社員をワクワクさせるのに十分なエネルギーを伝えることはできません。
その社員も、世の中、お客様をワクワクさせるためには、その何倍もワクワクしていなきゃ無理ですね。
つまり、お客様のワクワク度 < 社員のワクワク度 < 社長のワクワク度
私、数学は苦手ですが、この不等式は分かります。
「顧客満足」って言いますが、この図式の通り、お客様を満足させるには、まず社員が満足していなけりゃ無理ってことです。社員が何に満足か?もちろん会社に対して満足しているかどうかです。だから私は、社員のISOWAに対する満足度を上げ、社員にワクワク仕事をしてもらえる様に努力する。
そしてISOWAの社員がISOWAに対する満足度をエネルギーに、世の中を、お客様をワクワクさせる。『ワクワクの好循環』を目指しています。

「大企業」、「中小企業」って言いますが、何で区分けしてますか?資本金?売上?従業員数?でもちょっと待って下さいね。
「企業」の「企」という字は訓ではどう読むか知ってますか?そうです、「くわだて」です。ということは、「大企業」、「中小企業」という言葉の意味するところは、実は「企業の大小はその会社の企ての大きさで決まる」ってことだと私は勝手に解釈しています。
たとえ規模は小さくても、企てが大きい組織こそ、真の大企業。
ISOWAはこうなりたいものです。

ページの先頭に戻る