株式会社ISOWA 2018年度採用サイト

トップページ > 社長が語る > 社長×社員対談

社長×社員対談家族への思い

社員E蔵
(会社説明会などで)社長は家族をすごく大切にしているとおっしゃっていましたが、その辺りを詳しく聞かせて下さい。
磯輪
妻は自分に無いものを持っているから、とても尊敬してる。 それにこの世で私のことを一番理解してくれる最良のパートナー。だから一番大切にしている。その次が2人の子供。
私が出張などで家にいないと、家が妙に静かで、「お父さんうるさいけど、やっぱりいた方がいい」って言ってくれるから。また、プライベートの友人はできるだけ家族ぐるみで付き合いたい。だから私も家族のことを大切にしていないと、付き合えないよね。妻の友人は、よく旦那さんの愚痴をこぼすんだよ。その旦那さんというのは、私の友人でもあるんだ(苦笑)だから、よく妻と、(友人の)夫婦仲が良くなれば、4人で出かけられるのにという話をしているの。
社員B子
年を取ると冷めてしまう夫婦も多いのに、なぜ今でも奥さんと仲が良いのですか?
磯輪
なぜって言われると難しいな〜。1983年に結婚して、その間うれしいことも一杯あったし、つらいこともあった。でも全部2人で乗り越えてきたから、昔より2人の絆は強くなった。
愛してるから結婚したのに、どうしてそうじゃなくなるのか、そっちの方が分からないな。
社員A太
それは本当に理想です。
社長はよく、奥さんを思う気持ちを口に出していると思います。それが良いのではないですか?
磯輪
そうだね。それはあるかも!
実際に、妻の誕生日のときのブログの最後に、「おめでとう。これからも仲良くやろうぜ!」と書いたら、知り合いの方に、『家に帰って、その日の「磯輪日記」を妻にも見せて、「磯輪さんはこんなことを言うなんて、本当にすごい!読んでみてくれ。俺だって本当はこういうことをお前に言いたいんだ。でもなかなか言えないんだ。でもいつもそう思ってるからな」って話しました。思っていることを何の衒いもなくさらっと言えちゃうのは、磯輪さんのすごい才能ですよ』と言われた(笑)
ページの先頭に戻る