株式会社ISOWA 2018年度採用サイト

トップページ > ISOWAの技術 > ISOWAの開発した技術・製品

ISOWAの開発した技術・製品

私たちは1920年の創業以来、いい機械を作ることだけを考え、真面目に歩んできました。
貪欲に学び、常に新しい物を世に送り出してきました。
こうして生み出した技術は特許出願し、その数は約1,200件にもなります。
地道に積み重ねてきた経験と弛まぬ努力から得てきた独自の高い技術力には自信があります。

世界を先駆ける「ISOWA」の技術

環境にもやさしい技術

また、ISOWAは環境問題にも積極的に取組み、従来段ボール 印刷機で1回の色替え当り、50〜60リットルも発生していたインク洗浄廃液の量を1/250〜1/300にまで抑えられる印刷機構を独自に開発し、これを搭載した段ボール印刷機「スーパーフレックス」を世界に先駆けて発表しました。
「スーパーフレックス」は2001年FEFCO(欧州段ボール協会)主催の業界最高峰である世界的な技術評議会で最優秀賞を受賞するなど、ISOWAの技術力は高い評価を得ています。
 その後も改良を重ね、現在ではインク洗浄廃液量が1/460まで減少した「ハイパーフレックス」として製品化しています。

また、業界のみにとどまらず、歴代の総理大臣から何度も内閣総理大臣賞を受賞しています。
中小企業庁による「元気なモノ作り中小企業300社」の2007年版にも選出され、地元愛知でも「モノづくりブランドNAGOYA」2003年度対象企業、2006年度の「愛知ブランド企業」に選出されました。
これらは全て、日本のものづくりを代表しているからこそ選ばれているのです。

ページの先頭に戻る