株式会社ISOWA 2018年度採用サイト

トップページ > ISOWAビト > 社員と仕事紹介

社員と仕事紹介海外営業

海外営業
立 高洋
(2009年度入社)

仕事内容

海外のお客様を対象に営業活動を行うとともに、海外現地法人のサポートを行っています。具体的には、メールおよび電話で連絡を取り、お見積りの作成・仕様の打ち合わせ・お問い合わせに対して返信・ご回答します。また、私の場合1.5カ月に1度の割合で、海外出張に出ています(頻度は人によって異なります)現地では、お客様との商談・販売した機械の据付け工事のフォロー・新しいプロジェクトのサポート等に従事します。さらには、来日されたお客様のホテルの手配や、国内の工場見学にアテンドすることも、私の仕事です。

やりがい

二つのやりがいがあります。一つ目は、海外の空気・雰囲気が大好きな私にとって、仕事を通じて様々な異文化に接することが、何よりのやりがいです。これまでにも、北南米・中東・東南アジア・ヨーロッパの国々に出張してきました。出張先では、日本とは異なった文化に接しカルチャーショックを受けたり、文化や習慣が異なる現地の方々と仲良くなったりと、日本とは異なる文化を満喫しています。二つ目は、「ありがとう」と言ってもらえることです。大きな仕事はもとより、さりげないフォローに対して「ありがとう」と言って頂けることは、とても励みになります。「ありがとう」と一回でも多く言って頂けるような「いい仕事」をしたいと思います。

困ったエピソードとそこから得た教訓

「相手の真意を理解し、自身の考えを相手に正確に伝えることは難しい」
同じ文化の下で生活し同じ言語を用いていても、誤解や勘違いということはよくありますよね。とりわけ、海外の方を相手にしている場合は、コミュニケーションの難しさは何倍にもなります。「これくらい(メールに)書けば、あとは相手が理解してくれる」とか、「この文章からするに、相手はこういうことを言っているに違いない」という、独りよがりコミュニケーションの取り方で、何度か大きな失敗をしました。このような誤解を防ぐため、一つのトピックについて、何度も入念に確認するようになりました。少しの気配り・心遣いで誤解や勘違いを防げることが多いので、そういった労力を惜しまないことが大切だ、と最近ようやく分かってきました(進行形です)

今後の目標

最後まで責任を持って、業務に取り組むことです。業務にも少しずつ慣れ、周囲の温かいフォローもあって、以前より多くの仕事をこなせるようになってきました。しかしその反面、一つの仕事を最後の最後まで、自身の責任でやり遂げているかと言われると、「うーん」と考え込んでしまいます。お恥ずかしい話ですが事実、「ここまでやったから」・「ここから先は私の範疇では…」と考えてしまうこともありました。ただ闇雲に仕事をするのではなく、次工程の仲間やお客様に迷惑がかからないよう、引き受けた仕事・任された仕事は全て(!)、最後の最後まで責任をもってやり遂げるようにしたいと思います。

ページの先頭に戻る